皮膚炎とは

皮膚の表面に炎症が起きることを皮膚炎といい、このような皮膚の炎症を総称して湿疹といいます。
そのため皮膚炎と湿疹は同じ皮膚の症状を指しています。
皮膚炎や湿疹は痒みを伴うことが多く、かくことでさらに痒みが悪化し悪循環となります。

皮膚炎は痒みを伴う赤いブツブツができ、かきむしることで症状が悪化します。
進行すると小さな水膨れができ、破裂すると皮膚はじくじくした状態になります。
乾燥するとかさぶたやカサカサとしたうろこ状になります。
皮膚炎は繰り返すことが多いため、慢性化すると皮膚の表面が厚くなり強い痒みを伴うようになります。
そのため皮膚炎を悪化させないためには、かきむしらないことが重要なため痒みを感じた時には冷やすことで一時的に痒みを軽減することができます。

皮膚炎には原因物質に接触することで炎症を起こす刺激性接触皮膚炎や、特定のアレルゲンに接触することで炎症が起きるアレルギー性接触皮膚炎、子供だけでなく大人になってから発症することもあるアトピー性皮膚炎、皮脂分泌の多い頭皮や顔にみられる脂漏性皮膚炎など様々な原因があります。
また乾燥によって肌の水分が失われると乾燥肌となりバリア機能が低下します。
少しの刺激にも敏感に反応して痒みを引き起こすため、無意識のうちに掻きむしることで皮膚炎を引き起こす原因となります。

皮膚炎を防ぐには原因を取り除くことが一番ですが、難しい場合には衣類や手袋などで肌を守ることで防ぐこともできます。
また保湿剤やクリームなどを使って乾燥から肌を守ることも皮膚炎の予防に役立ちます。



≪特選サイト≫
痒みを伴う皮膚炎や湿疹を改善する医薬品を販売しています ⇒ 皮膚炎